お電話でのお問い合わせ

03-3265-3541

受付時間 9時~12時、13時~17時
(土日祝日、弊社特別休業日を除きます)

野菜包装機 IW06A 植物工場に導入

特長

葉物野菜から根菜類まで、多品種の野菜を効率的に包装


一台で様々な野菜に対応   10種類のプログラムを保存できる液晶画面搭載

サーボモーターの採用により、野菜に合わせたフィルム送り、横シーラーの高さや速度、タイミングなどの細かい設定が可能に。野菜の長短やフィルム幅を問わず、様々な種類の野菜に対応できます。

一台で様々な野菜に対応
 

保存した各種設定をボタンひとつで呼び出せるので、野菜変更時にかかる設定の手間を大幅に削減。作業時間の短縮と設定ミス防止につながります。

10種類のプログラムを保存できる液晶画面搭載

高い安全性と使いやすさを実現

  • ・駆動部に手が入らないカバーリングに加え、横シーラーまでの距離を従来よりも長く設計。安全に作業ができます。
  • ・ベルト駆動を採用。一般的に用いられるチェーン駆動と比較して、静音性が大幅に向上しました。
  • ・フィルム終了検知装置搭載。フィルムが無くなった際に、液晶画面と音でお知らせします。

お客様のニーズに応える野菜包装機

お客様のニーズに応える野菜包装機

【横シーラー】

野菜に合わせた最適な設定が可能

横シーラーの噛み合わせが、これまでよりも高い位置で設定可能に。さらにシール速度やタイミングなどの細かい調整もできるので、ご希望に応じた包装が行えます。

横シーラー噛み合わせ位置比較 高い 横シーラー噛み合わせ位置比較 低い

横シーラー噛み合わせ位置比較

【可変フォーマー】

袋サイズの変更も簡単

可変フォーマー(製袋器)で幅の調整が簡単にできるので、野菜やフィルム幅に合わせた袋サイズの変更が手軽にできます。

フォーマー幅比較 最大230mm フォーマー幅比較 最小90mm

フォーマー幅比較

【フィルム駆動ローラー】

安定したフィルム送りを実現

フィルム駆動ローラーでテンションの調整が可能。フィルムに合わせた最適な張り具合にすることで、安定したフィルム送りを実現します。

ローラー部分

ローラー部分



仕様/型式 FR-102-V1 FR-102-V3/FR-102S-V3(SUS仕様)
包装能力 約25袋/分(500mmカット時) ※製品形状、フィルム溶着による 約35袋/分(500mmカット時) ※製品形状、フィルム溶着による
フィルム幅 200〜600mm
包装可能寸法 幅:70〜250mm/高さ:80〜170mm
包装可能長さ 100〜990mm ※製品供給位置による
モーター サーボモーター 400W×2/インダクションモーター 90W×1 サーボモーター 400W×2/インダクションモーター 90W×1/ステッピングモーター 50W×1
ヒーター 縦ヒーター 360W×2/横ヒーター 300W×2 縦ヒーター 360W×2/横ヒーター 300W×2/予熱ヒーター 150W×2
供給コンベア 2m、3m、4m サーボモーター400W×1/5m、6m、7m、8m サーボモーター750W×1
電源 単相 200V 2.5kw(供給コンベア取り付け時はコンベアワット数をプラスして下さい。)
機械寸法 L2050〜2350×W1010×H1285mm
機械重量 450kg

●色、仕様などを予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。


FR-102

【オプション品】

「ガセット装置」「印字装置」「噛み込み検知装置」「空気抜き、水抜き加工」など、お客様のご要望に応じてカスタマイズも可能です。 まずはご相談ください。

カタログ(PDF)をダウンロード