お電話でのお問い合わせ

03-3265-3541

受付時間 9時~12時、13時~17時
(土日祝日、弊社特別休業日を除きます)

durkkop adler


durkkop adler 540 特長

最良の縫い目品質と比類のないフレキシビリティを併せ持っているのが540 ネムリ穴かがりミシンです。
ぼたん穴長さを変更するときもセンターメスを交換しなくてよい新方式のメス駆動方式を新開発して搭載、6x70mmの大きなフィールドへ用意された多種な閂止めタイプを自由に組み合わせて、長さや振り幅を設定して記憶(最大50プログラムメモリー可能)させておけばいつでも呼び出して、ぼたん穴をかがることができて、サイクル縫い(最大20サイクルメモリー可能)には20までの縫いプログラムを記憶させておけて、縫いプログラムはさらにいつでもどの部分も変更可能です。
あらゆる素材に合わせて最適なぼたん穴の縫いあがりに設定するには簡単な操作のマイコンを少数のボタン操作で明瞭なGUIによる液晶表示機の補助によって、すばやくどなたにでも可能です。
デュルコップアドラーソーイングキネマチックによってぼたん穴かがりに必要な縫い目品質は長年のぼたん穴かがりミシンの開発と製造で培われてきたデュルコップアドラー社の確かな技術力がお約束します。
特許の回転デバイス(オプション)によってミシンを縦方向にも横方向にも自由にセットしてお使いいただけます。
長年のミシン製造によるノウハウによって最適にデザインされたミシン構造はメンテナンスを軽減してランニングコストを低滅、デュルコップアドラー独自のベアリングを多用した構造と可動部分への潤滑は少量のオイルをタンクに入れておけば油芯がオイルをにじませるように潤滑する集中油芯方式なので必要以上のオイルを必要としませんから、経年変化によるオイル漏れや製品を油汚れさせる原因がありません。